金利の見直しで、生涯数千万円もの違いが出る?(アパートローン編)

銀行は、購入する不動産(土地・建物)で融資条件を満たさない場合には、他の不動産の担保提供を求めたり、不足額への自己資金を求めます。
これは、お金を借りる意味でも致し方ありません。
お金を借り、お願いする立場ですから、銀行側が示す融資条件を満たすまで保全策を講じなければなりません。
しかし、金利の条件により返済額は数千万円にも違いが出ます。

ではどのくらい違いが出るのでしょうか?

例えば、5億円の融資でマンションを建築(または、土地・建物として購入)するとしましょう。

35年返済で3%の金利で借りた場合の毎月返済額は、192万円です。
192万円×12か月=約2300万円(毎年の返済額)
2300万円× 35年=8億500万円(生涯での総額返済額)

これを同じ融資期間(35年)で1%の金利で計算してみましょう。

35年返済で1%の金利で借りた場合の毎月返済額は、141万円です。
141万円×12か月= 約1690万円(毎年の返済額)
1690万円× 35年=5億9000万円(生涯での総額返済額)

なんと、
生涯で約2億1000万円も違いが出てきます。
年間だけでみても、約600万円もの違いが出るのです。
年間で600万円も違いが出れば、リフォームや大規模修繕にも活用することができます。

また、既に融資を受けていて借り換えることをご検討中の方にも同じことが言えます。

  • 空室に困っている
  • 退室の連絡を受けるたびに家賃を下げて、募集しなければならない。
  • しかし、ローンの返済があるため、家賃を下げたくない。(または下げられない)

上記のようなことにお困りの方は、借り換えをお勧めします。
金利が下がることで家賃を値下げしてもキャッシュフローは悪化しないかもしれません。
まずはシミュレーションをしてみてはいかがでしょうか?

弊社では、金利の借り換え交渉、銀行融資借り換え相談、融資交渉等を行っています。

銀行融資・借り換え相談サービス
<こんな方にオススメ!>
有利な条件で融資を受けたい
キャッシュフローをよくしたい

まずはお気軽にお問合せください。