2億円の相続税をゼロに???相続対策の一環の実例

▼都内の収益マンション購入で相続税圧縮

栗田様(仮名)との出会いは、提携税理士からのご紹介が始まりでした。
税理士の試算では約2億円の相続税額とのことでした。
相続人は、2人の息子さんと養子縁組した孫(栗田様のご子息)
の3人で課税財産は、5億5000万円でした。

少しでも相続税の圧縮を図りながら将来も資産となる都内の不動産
の購入のご相談でした。


そこで、弊社からは以下のご提案をいたしました。

〇出口を見据えた不動産の紹介
将来相続人が不動産で相続を受けたくない方もいるので残債に対して、債務が残らない不動産(価値の高まる)

〇いい条件での融資
追加担保などを要求されずに購入予定の不動産で担保できるもの
金利、自己資金など

〇入居者が決まりやすい立地、設備、間取、利回り
単に収益不動産を紹介するのではなく、沿線、駅からの距離
間取り、設備、修繕具合、利回り等、トータルで探しました。

▼結果

品川駅から徒歩圏の1棟マンションを4億円で購入されました。
更にその1年後に水天宮駅徒歩圏に4億4000万円の1棟マンションを購入されました。
その他の節税対策は、提携税理士のご尽力により約2億円の相続税額がゼロになりました。

数年後栗田様がお亡くなりになり、その4年半後に水天宮のマンションを売却されました。
売却された金額は、4億6500万円です。
購入当初、4億4000万円で購入され、数年間家賃収入を得ながら相続税の圧縮にも成功され、売却益も出た、良い例です。

銀行の融資条件、不動産市況等全てのタイミングが揃わなければ上記のようなことは不可能でしたが、栗田様はそのすべてにおいて条件がそろっていました。

★★★ここがポイント!★★★

相続税対策は、栗田様のように相続人の意向、資産条件、ご決断、融資条件、不動産市況等が揃っていなければ、相続税対策は前へと進みません。
私どもは、栗田様の成功体験を基に以降お取引させていただいているお客様にも、同様の考えでお取引させていただいております。

弊社は、東京都中央区で賃貸マンション管理をメインに業務をしています。
不動産のご紹介に限らず、ご購入後の管理運営を滞りなく行うことで、資産価値が高まり、安心して相続対策を進めていただけるよう心がけております。